東京都世田谷区にある「玉川病院」には、いびき・睡眠呼吸障害センターという診療科があります。
いびきがすごいと言われて悩んでいても、いざ、病院に行くとなったら何科にかかったら良いのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
睡眠障害には、睡眠障害専門のある病院がありますので、診察を受けて治療をしていくことをおすすめします。
なぜなら、専門科でしっかりとした診断をしてもらい、早期治療が大切といわれているからです。
肥満や加齢などの様々な原因で起こる睡眠呼吸障害になりますと、日中、ひどい眠気に襲われて仕事に支障がでたり、睡眠障害の合併症である心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化症になったりして、危険が伴うことにもなります。
玉川病院では、そんな方の症状や重症度に合わせて、自宅での簡易検査をするのか、1泊2日の入院検査にするのか決めます。
その他にも、生活指導やマウスピースの使用、CPAP療法という治療もあります。
朝起きた時、すっきり起きれないとか、頭痛がするとか、車の運転中に耐えがたい眠気に襲われるとか、高血圧や糖尿病のコントロールがうまくできない方などは、悩まずに、少しでも早く病院を受診して相談をしましょう。