一般的に企業が発信する情報はどうしても主観的な面が強調されてしまい、本当に知りたいことというのはなかなかその発信された中には含まれていないことが多いです。
そのため、第三者の視点から情報や評判をデータべース化、分析したものを発信して、企業と人材のマッチングに役立てようとしているのが「企業の評判DB制作委員会」です。
データベース化することでその情報はより分かりやすく、客観的にその会社をしることができます。
その分析されているカテゴリーは幅広く、IR分析から日用品にいたるまでとなっています。

分析されているのは企業だけだはありません。
そこで働く人についても様々な立場の人が分析されているため、今求められている人材がどのような経歴や業績をあげているかといったことまで知ることができます。
注目されている業種で評価されている人材を知ることができるため働く人にとってもその働き方を考えるいいきっかけになるのではないでしょうか。

データベース化された情報をいかに活かして経済活動を活性化していくか、人口が減少していく日本では適材適所ではたらけることが労働市場の中ではとても大切な事柄になっていくことでしょう。
その情報をあなたも活用してみてはいかがですか。