食事を楽しむ上で料理そのものが美味しい事は勿論非常に重要なのは言うまでもありませんが、食事をする空間が落ち着きや清潔感に欠けていたりすると、せっかくの美味しさも半減してしまうので飲食店における店内内装というのは、料理そのものの味わいと同様に極めて重要な要素となっています。
なおカトープレジャーグループは和洋問わず凄く多様な形態の飲食店を手掛けていますが、ジャンルは違っていてもそれら全てのお店に共通しているのは内装や雰囲気作りに大変力を入れている、という事です。
例え全く同じ料理が提供されたとしても、居心地の良い空間であればそれだけ味覚を研ぎ澄まして集中させられますし、当然会話も弾みますから一層美味しく感じられるのは間違いありません。
またカトープレジャーグループは飲食事業だけでなくホテルや旅館に公共リゾートといった宿泊施設や、スパなどのリラクゼーション事業も積極的に展開していますから、今後ますます我々日本人が充実した余暇を過ごす上で欠かせない企業となっていきそうです。