飲食店というのは、10年以内に営業を終えてしまうところが大半だと言われています。
ビジネスモデルの中でも10年以上成功できるというのは、なかなかありません。
そんな中、新橋の寿司店を経営する日本食企業では、100年後も変わらずに愛される飲食店を目指して、運営を行っています。
もちろん、日本人の好みも外国人の好みも変わってきています。
しかし、近年は成熟化しており、実際に日本食も数十年に亘って人気を集めていくことが予測されているのです。

もちろん、それが正しいかどうかはわかりません。
ただ、新橋の寿司店はもちろん、日本食企業が100年後も愛されているというのは、やはり嬉しいことです。
そのため、この企業では時代の流れに合わせて、色々なものを提供しています。
単純に寿司とは言っても、利用者の好みに合わせて色々なネタを提供することも多くなっています。
そうやって進化を続けているからこそ、愛されているのだと言えるでしょう。

板前寿司|新橋店