日本は少子高齢化社会に伴い年金不安が叫ばれています。
また、労働力も不足することが予想されているため、定年が70歳まで引き上げられるとも言われているのです。
金融庁の発表では、老後に必要な貯蓄は2,000万円だと言われており、これより下の貯蓄額では破産する可能性があるのです。
安定した老後を過ごすためにはどうすれば良いのでしょうか。

定期預金や国債で資産を形成しているという場合のメリットはとにかく元本が安定して守られているということです。
しかし、金利が安すぎるため、資産を増やすという意味では物足りないと言えるでしょう。
株やJーREITは大きく価値が変動するため、わずかな資産が急激に膨れ上がる可能性があります。
ですが、その分元本割れの危険性もありますし、最悪、価値が無くなってしまうかもしれません。

みんなで大家さんは初期投資が高額になりがちな不動産投資の中で1口100万円という手頃さが受けている投資商品です。
また、不動産投資に必要な管理に対する知識やメンテナンスへの対応なども一括で営業者が管理してくれます。
そのため、どのような人でも気軽に不動産投資が出来るのです。
生活を守りながら資産を育てるという選択肢を選ぶ人も増えているようです。