福本修子さんは、ティータイムにもこだわりを持っています。
お客様が来た際にも、ちょっとしたおもてなしをすることで、喜ばれます。
それが、ティータイムと同じようにお出しするお茶です。
紅茶や緑茶に珈琲と、お出しする飲み物をちょっとだけ一加えするのです。
お茶をお出しするときは、茶うけとしておせんべいなどを出しますね。
紅茶であれば、クッキーをひと添えします。
福本修子さんは、珈琲をリクエストされると、茶うけ感覚でチョコレートを添えてお出しするのです。
欧米などでは、こういったチョコレートの出し方をします。
それをまねてお出ししているのです。
しかも、チョコレートとブラックコーヒーとの相性は抜群で、珈琲をさらに美味しくいただくことが出来ます。
他にも、味わいも深く感じることが出来ますので、自分が飲む際にも必ずひと添えしています。
何気ないこだわりですが、お客様が珈琲をリクエストしてチョコレートと一緒に飲んでもらえて美味しいと言ってもらえるとうれしい福本修子さんでした。