官から民へ、公共から民営への流れは郵政民営化然り、以前から政府が力を入れて行ってきたことです。
昨今はこの流れがさらに加速され、国だけでなく地方自治体にも大きく広がっています。
官公庁によって規制されたいた枠を取り外し、自由に競争できる環境に取り込まれる案件は多種多様に及んできました。

政府からの情報を正確にとらえること、事業を民間へ移り渡るときに社会の状況がどうあるべきかなど、新しい体制が導入させる前は必要な情報が多岐に及んできます。
創業50年余りに及び官と民とが手を組んで協力できるよう知識を橋渡しさせてきた会社があります。
JPI(日本計画研究所)です。
こちらでは1万5千回に及ぶビジネスセミナーを開催し、講師陣は延べ1万8千人に及びます。
官庁で民間へと事業を展開している方、最新の経済情報を知りうるマーケティング会社の方、官民の連携の取り組みを実際に企業で行われている方など多種多様に及んでおります。
よってセミナーの内容も幅広く、経済が活性化される情報がふんだんにあります。

ぜひJPIのサイトで一度ビジネスセミナーの検索をしてみてはいかがでしょうか。
多くの事業を官から民に移っていけるよう、その実現に向け役立つテーマを講師陣が用意しております。
https://www.jpi.co.jp/access