s 利用者が急増しているビットコイン

2009年に誕生した仮想通貨ビットコインは、またたくまに世界中に広がりました。
現在では、クレジットカードと並び、ポピュラーな決済方法として利用するWEBサイトも増えています。
ビットコインを利用して、買い物ができるだけでなく、寄付やデジタルサービスを利用することもできます。
さらには、給料として支払う会社も登場しました。
給料の一部だけだったそうですが、給料として利用しても従業員が納得したわけです。
従来の通貨制度から考えると、かなり驚く方が多いのではないでしょうか。
国境を越えるインターネットの世界で通用する通貨として、これほど便利なものはありません。
しかし、それだけに悪用されることもあります。
ビットコインは、専用ソフトminerを利用すれば誰でも採掘することができます。
全体の採掘量は制限されていますが、誰が採掘するかは決められていません。
そのため、闇組織が採掘をすることもあります。
また、薬物などの取引に利用されたこともあります。
このような闇の部分はあるものの、利用者が急増していることは事実です。
その広がりを受けて、仮想通貨を導入する政府も登場しました。
誰がどのように利用するかという課題はありますが、これからも利用者や利用できる所が増えていくことは確かなようです。