なかなか子供が授からない、でも自分の子供が欲しい…そう悩んでいる方は少なくないはずです。
厚生労働白書によると、不妊検査や治療経験のある夫婦の割合は、近年増加傾向にあるのだとか。
晩婚化が進む日本にとって、この問題は珍しいことではありません。
しかし、リスクや費用の面でなかなか治療に踏み切れない方も多いのが現状です。

港区にある赤坂レディースクリニックでは、そんな患者さんの悩みに応えてくれます。
まず、特定不妊治療費助成事業の指定医療機関であることが大きな特長です。
体外受精は保険がきかないため、高額になってしまった治療費に対して国と自治体からの助成が受けられます。
経済的な理由から子供を諦める方も多いため、指定医療機関である当院では安心して不妊治療を行うことが可能です。
また、日本卵子学会が認定する生殖補助医療胚培養士のスタッフのほか、看護師をはじめとする各分野のスペシャリストがおりますので、不安な点などがあった場合にも親切に対応いたします。
痛みの少ない治療を心がけ、患者さんがリラックス出来る環境づくりに努めているクリニックです。
さらに、待ち時間を少しでも減らすため、電子カルテの導入やインターネットでの診療予約も受け付けております。
お仕事が終わってからでも無理なく来られるように、診療時間は午後7時まで、また土曜日も診療を行っています。

赤坂レディースクリニックのウェブサイトはこちら